Archive | 研究のこと RSS feed for this section

グラフェンナノリボンをイチからながーく作る

久々に研究の話. 大学オケの友人がnature chemistryにファーストオーサーでアクセプトされたというおめでたいお話をいただきましたので,簡単に紹介します. Synthesis of structurally w [...]

Leave a comment Continue Reading →

盗んだバイクで校舎のガラスを壊して回った

物理的な話ではなく、芸術的な話です。音楽の。 歌詞に触発され校舎の窓ガラス53枚割る 少年2人逮捕、神奈川・小田原 – MSN産経ニュース. むかし、内定者の集まりでカラオケに行った時に、業種が業種なもんでと [...]

Leave a comment Continue Reading →

新年度

2013年度となりました。自分は秋入学なので学年は変わらないのですが、博士生活も折り返し地点となりました。そろそろ秋までに2本くらい書けるよう頑張りたいです。トライボロジー関係と材料か表面関係に。学振も始まったし、ボスの [...]

Leave a comment Continue Reading →

そういえば学振

もう1ヶ月以上前に採択されてたのですが、来年4月より2年間、JSPS特別研究員(DC2)として採用されることになりました。昨年DC1が取れなかった上、出した内容のうち過去の研究と業績はほとんどアップデートされていない状況 [...]

Leave a comment Continue Reading →

保育園の申請

今ちょうど保育園の入所・継続申請のシーズン真っ最中かと思いますが、ウチも御多分にもれず必要書類を集めて申請をしたところです。今年の頭に引っ越して、妻の実家とは離れて暮らしている状況になりましたので、必要書類も自分たちの分 [...]

Leave a comment Continue Reading →

進振りと司法試験から感じたこと

進振りの第二段階の結果がTwitterで回ってきたのだが、例年底割れがないところで底割れするなど(機械Bや法学部文一など)、なんか全科類の制度になってから底割れの傾向がカオスになっているとのことらしいです。まあ全科類制度 [...]

Leave a comment Continue Reading →

シカゴの研究所を半日回って感じた2つのこと

タイトル、こうすればキャッチーだよとネットの記事で見かけたので。。。 前回の記事はシカゴ滞在中にシカゴ響の感想を書きました。ただシカゴ響は土日休みを利用して聴きに行っただけで、メインはシカゴにあるArgonne Nati [...]

Leave a comment Continue Reading →

もう就職するための大学ですらないのかもしれない

ユニクロが大学1年から採用するよという話を聞いて。 asahi.com(朝日新聞社):ユニクロ、新卒一括採用を見直しへ 大学1年で採用も – ビジネス・経済 いわゆる新卒一括採用に対するアンチテーゼというか、 [...]

3 Comments Continue Reading →

世界最強のアナグラム(当時)は元素周期表にある

こういう本を読みました。 身近にある元素が人類史とこんなに密接してて面白いよね!という内容でした。ただ雰囲気としては若干暗い向きで、例えば毒ガスや公害問題や研究者の醜い成果争いなど、あながち人類史の辿ってきた道としてはま [...]

Leave a comment Continue Reading →

Ph.Dを獲得するということ

Ph.Dを獲るというのはどういう意味があるのか。答えとしては人それぞれだと思います。研究をやり遂げた証、自分がある分野で(とても狭くても)No.1である証、キャリアアップのための資格。など。 じゃあ自分としてはどうなのか [...]

Leave a comment Continue Reading →