Archive | 本 RSS feed for this section

幕末いいですよね

とりあえず八重の桜が予想以上に楽しいのでしっかり見ています。4話なんて、井伊直弼が水戸藩への勅許の手紙を見てブチ切れてからの安政の大獄のシーンに流れていたBGMがどう考えてもモーツァルトのクラリネット協奏曲風で、なんとい [...]

Leave a comment Continue Reading →

世界最強のアナグラム(当時)は元素周期表にある

こういう本を読みました。 身近にある元素が人類史とこんなに密接してて面白いよね!という内容でした。ただ雰囲気としては若干暗い向きで、例えば毒ガスや公害問題や研究者の醜い成果争いなど、あながち人類史の辿ってきた道としてはま [...]

Leave a comment Continue Reading →

イシューからはじめよ

ビジネスだけでなく研究を進めて行く上でも役に立つメソッドが集約されている。「やってみないとわからない」「死ぬまで働け」的な取り組み方では非効率な上に質の良い結果が得られない。筆者はイシューを見極め、それに辿り着くためのス [...]

Leave a comment Continue Reading →

誰がために鐘は鳴る

 スペイン内戦中に、共和国軍の特殊工作員として派遣されたロバート・ジョーダンと、レジスタンスの仲間であるマリアとの恋を描きながらも作戦を遂行していこうとするなんかむずがゆいお話。陰鬱とした雰囲気で話は進んでいくが、リアリ [...]

Leave a comment Continue Reading →